ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

想い出深い賃貸暮らしの頃

多くの人達におかれては、誕生してから成人に至るまでの間には、数回の引っ越しを経験していると思われます。そして、中学生頃からは持ち家に住むようになるのではないのかと思います。しかし、幼少期に住んでいた賃貸住宅暮らしの方が、何故かしら強く印象に残っているものであります。

やはり、物を覚え始めた時期とも重なるので、好奇心の旺盛さが強く記憶に残しているのかもしれません。それでも、賃貸暮らしの頃の近所付き合いの方が、情に厚い人が多かった様にも思います。また、隣人の入れ替わりもありましたので、友との別れのた記憶も心に深く刻まれているのかもしれません。

その後、住宅団地の一戸建てに移り住んでから成人まで至りました。しかし、父親が建てた家の暮らしの場合には、生活状況も似た家族が周囲に集まっている感じがして、別段印象に残っているという感じはしません。勿論、親しくはあるものの、賃貸暮らし時代みたいな、個性豊かな人は少ないように思われます。

Copyright (C)2018ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.