ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

高齢者に向けた賃貸住宅について。

団塊の世代の退職が背景になり、近年、高齢者に向けたサービスを備えた“高齢者向け賃貸住宅”が注目を浴び、建設され始めています。一般の高齢者向け賃貸住宅とは、医療・福祉施設とは異なり、今までの生活のまま、要支援から介護度等関係無く契約出来る賃貸住宅です。

まず、賃貸住宅に入居する場合には、その対象物件の管理者と話しを進め、入居を決定してもらいます。これは、普通の賃貸物件と同様の手続きだと思います。その際、介護や補助が必要な場合、どの程度必要かADLはどの程度か、認知度の程度等必要な事を書類の提出や聞き取りを踏まえ、入居の際のサービス提供の参考となる目安を決めます。

また、高齢者向け賃貸住宅の強みは、生活全般や一部の援助、また、医療機関・介護施設、各種必要機関等との密接な連携で、入居者が緊急事態の場合でも直ぐに対象してもらえる事です。病院の附属となる高齢者賃貸住宅とは違い、一般向け高齢者賃貸住宅では、自立して生活が出来る方の割合が多く、また、周囲とも、近い年齢の方が多い為、比較的入居者同士のコミュニケーションもとりやすい環境であるため、自身の老後を考えた際に、こうした賃貸住宅の利用を考えてみるのも良いのではないでしょうか。

Copyright (C)2017ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.