ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

保証人なしケースが多いシェアの賃貸

一つの物件を一人で利用するとき、その人の状況が利用に大きく左右してきます。利用するのにお金を払うのであれば、利用する人がお金を持っていなければ支払ってもらえなくなるかもしれません。リスクが大きくなるのです。賃貸物件の場合、そのようなリスクを軽減するために保証金を取ったり、保証人を付けてもらうことがあります。何かあった時は、そちらから支払いをしてもらったりすることができます。ではリスクが軽減されたらどうなるかです。

シェアタイプの場合、一つの物件を複数人で利用します。この時点でリスクは多少異なってきます。一人が払えないとしても、他の人が払ってくれれば、賃料としては何とかなります。そのために、リスクのための設定が不要になるのです。

そのために、保証人なしで利用できるタイプが多くなっています。事情によって保証人をつけることができない人もいます。保証人なしでも入れるなら、こういった物件を選ぶことが多くなるでしょう。

おすすめ記事

Copyright (C)2017ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.