ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

シェアの賃貸はどこを通して利用するか

賃貸物件を利用するとき、多くの場合は不動産業者を利用します。物件情報が豊富ですし、権利のことなどもありますから、専門家に間に入ってもらったほうが助かります。業者が入れば仲介手数料が必要ですが、業者を通さずに利用してそれ以上の費用を請求されることもあります。そう考えれば安く感じることもあるでしょう。情報が少ない時は不動産業者の利用も当たり前でしたが、最近は少し変わった形で募集されることもあるのです。

シェアタイプの物件が注目を浴びています。不動産業者が仲介をすることもあるのですが、新しいタイプとのことで、募集も新しくなっています。それはインターネットを通じて、貸し手が直接募集することがあるようです。

この場合は直接契約ができるので、仲介手数料は発生しません。賃料の1箇月分から2箇月分ぐらいと言われますから、それがないだけでも助かります。もちろん、貸し手についての情報をきちんと得て確認して利用します。

おすすめ記事

Copyright (C)2017ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.