ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

賃貸見学を楽しんでもらう工夫

見学の際、賃貸物件に家具などが置いてあるとそこでの楽しい暮らしの想像がつきやすくなります。大家さんとしては、お客様のそのような心理を知っておいたうえで、色々配置してみると入居付けに効果があるかもしれません。たとえば、ホームセンターや通販サイトで購入した家具を配置してみて、そこをショールームとして紹介すればイメージが伝わりやすくなります。もしそのままお客様が使いたいと望むのであれば、その家具をそのまま賃貸物件ごと貸すのも良いでしょう。

一度購入した家具類は決して無駄にはならない支出です。もし使い手がいないのであれば自分で引き取って使ってもいいでしょうし、他の経営物件のショールームに使うという手もあります。家具を一つ置いてみるだけでも生活のイメージがわかりやすくなりますし、設備の使い方も伝わりやすくなります。なるべくならば、自分の賃貸物件にはどのような客層が入るのかを考えてみて、その暮らしに合いそうな家具を配置してみましょう。

Copyright (C)2017ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.