ペンキだけでも賃貸は生き返る

Hot Ranking
ペンキだけでも賃貸は生き返る

見学した賃貸物件を忘れないようにするために

気に入った賃貸物件があれば、どんどん見学に行くと思います。ですが時間がたつにつれて、どこの物件がどんな感じだったのか、忘れてしまう人も多いでしょう。それではせっかく時間をかけて見に行ったのに、意味がありません。見学した時のことを覚えておくためにも、写真を撮ったりメモを取ったりしておきましょう。どこがどんな風になっていて気に入ったのか、逆に気に入らなかったのか、写真付きで記録しておくとよいでしょう。

最近は携帯電話やスマートフォンのカメラ機能が、とてもレベルが高いです。そのため鮮明に写るのでどんな状態だったのかわかりやすいでしょう。不動産会社が提示する物件の写真の中には、明るすぎて細部まで確認できないものもあります。傷があるのに見えない、ということもありますので、自分で気になる部分や実際の物件の写真を、自分でとって後から他の物件と比較できるようにしておきましょう。写真を撮る前は不動産会社の方にその旨を伝えてとりましょう。

おすすめ記事

Copyright (C)2017ペンキだけでも賃貸は生き返る.All rights reserved.